学会の概要

 【学会小史】

1988年に組織された発起人会によって、本学会は1989年1月21日に設立されました。1991年7月には、日本学術会議との共催で、国際シミュレーション&ゲーミング学会京都会議(ISAGA,91Kyoto)を開催しました。現在、日本学術会議(経済政策研究連絡委月会)の学術登録団体となっています。

 【活動と会員サービス】

1 学会大会の開催

シミュレーション&ゲーミングの国内唯一の教育者、研究者、実務者、関係企業等の団体の研究交流の場として、毎年秋季に全国大会を開催しています。シンポジウム、ワーキング・セッション、体験ゲーミング等もあわせて開催し,シミュレーション&ゲーミングを研究しようとする会員に有益な情報を提供しています。

2 シンポジウムの開催

毎年春季に東京において学会賞授与とあわせて。記念シンポジウムを開催しています。テーマには緊急的または啓蒙的内容が含まれます。これにより、最新の問題の動向、あるいは、応用可能な新しい科学技術について、シミュレーション&ゲーミングの各分野のパネラーによる総合的評価を行っています。

3 課題別研究部会の開催と設置

テーマには継続的研究が求められる内容が含まれています。会員は自己の興味と課題に応じて参加できます。また、会員の提案による新しい研究部会の開催を奨励しています。

4 地域別研究会での交流

地域単位の研究交流ないしこの分野の人的交流の場を提供しています。年間数回程度を開催しています。

5 産学交流セミナーでの最新情報交換

シミュレーション&ゲーミング関係業界と教育研究者との交流を促進するためにセミナーを開催しています。シミュレーンュン&ゲーミングのソフトウェアやシステムの最新情報を専門的に共有することで相互の刺激の場になっています。

6 学会誌の配付

学会誌「シミュレーション&ゲーミング」を発行しています。会則ま論文を投稿できます。シミュレーション&ゲーミングに関する論文や専門的学術的な記事を掲載していますので、現在のわが国の水準を知ることができます。

7 国際学会誌の配付

国際シミュレーション&ゲーミング学会(ISAGA: International Simulation And Gaming Association)の日本支部として英文誌「Simulation&Gaming」を購読することができます。会員は論文を投稿できます。これにより、世界のシミュレーション&ゲーミングの動向を知ることができます。

8 ニューズレターの配付

会員は時事的情報をニューズレターにより知ることができます。また、会員交流コーナーへの投稿を通して人的ネットワーク形成のきっかけになっています。各種会合についてやその他はホームページにて案内しています。

9 学会賞・論文賞・優秀賞の授与

シミュレーション&ゲーミングの学術的発展に寄与した個人などに学会賞を、論文などで貫献した会員に論文賞を、ソフトフェアやシステムを研究開発し公開した会員に優秀賞を授与しています。


JASAGメニューページへ