福岡大学 経済学部

福岡大学 福岡大学 経済学部 お問い合わせ

教員紹介

経済学科

赤羽根 靖雅

荒木 義明

有岡 律子

井手 豊也

今泉 博国

鍵原 理人

姜 文源

栗田 高光

近郷 匠

貞国 孝昭

佐藤 伸

芹澤 数雄

瀬戸林 政孝

高瀬 光夫

辰己 佳寿子

玉田 桂子

永江 眞夫

中島 章子

中村 由依

中村 亮介

西田 圭吾

西村 道也

藤本 浩明

万 軍民

水島 茂樹

宮本 昌典

山崎 好裕

山下 耕治

 

注意:メールアドレスの最後に「.ac.jp」を追加してください。

赤羽根 靖雅准教授

 

研究者情報

▲ページトップ

荒木 義明准教授

研究テーマ

投入産出分析における構造変化の実証的研究

 

研究者情報

▲ページトップ

有岡 律子教授

研究テーマ

金融論(銀行行動、金融契約)

 

研究者情報

▲ページトップ

井手 豊也教授Ph.D.(南イリノイ大学)

研究テーマ

国際貿易論

最近の主な研究業績

  • Comparative Statics under Variable Returns to Scale Once Again  FUKUOKA UNIVERSITY REVIEW OF ECONOMICS, Vol.53 No.3.4, 2009
  • The Two Commodities and Three Factors Model with Increasing Returns to Scale Technology -Another Interpretation of the Leontief Paradox  FUKUOKA UNIVERSITY REVIEW OF ECONOMICS, Vol.53 No.3.4, 2009

担当科目

  • 国際経済学
  • 国際貿易論

ひとこと

現在、資本移動の影響を分析中

 

メールアドレス:toyo-ide@fukuoka-u

 

研究者情報

▲ページトップ

今泉 博国教授経済学修士(福岡大学大学院)、経済学士(学習院大学)

研究テーマ

コモンプールの経済学

最近の主な研究業績

  • 時政勗・薮田雅弘・今泉博国・有吉範敏編著『環境と資源の経済学』勁草書房2007.
  • 「地域住民によるコモンプール財の管理」『計画行政』第29巻4号2006.

担当科目

  • 環境経済学
  • 厚生経済学
  • ミクロ経済学

 

メールアドレス:hirokuni@fukuoka-u

 

研究者情報

▲ページトップ

鍵原 理人准教授修士(経済学,京都大学),学士(法学,京都大学)

研究テーマ

計量経済学,統計学

最近の主な研究業績

  • Semilogarithmic Error Based Estimation and Its Related Distributions, in JSM 2009 Proceedings, American Statistical Association, pp. 3214-3227, 2009年.
  • Calculation Method for Nonlinear Dynamic Least-Absolute Deviations Estimator (with Kohtaro Hitomi), Journal of the Japan Statistical Society, Vol.31, No.1, pp.39-51, 2001年.
  • 最小矩形法の方法論的可能性について:バイアスを含んだデータへの応用可能性,『経済論叢』第183巻第2号,京都大学経済学会,2009年.

担当科目

  • 計量経済学
  • 経済数値分析

ひとこと

 佐藤一斎「一燈提げて暗夜を行く.暗夜を憂ふる勿れ,只一燈を頼め」

 

メールアドレス:kagihara@fukuoka-u

 

研究者情報

▲ページトップ

姜 文源教授

研究テーマ

農業経済学、経済発展論

 

研究者情報

▲ページトップ

栗田 高光教授D.Phil.(オックスフォード大学)

研究テーマ

計量経済学(時系列分析)、国際金融論

最近の主な研究業績

  • Kurita, T. (2014). Dynamic characteristics of the daily yen-dollar exchange rate. Research in International Business and Finance 30: 72-82.
  • Kurita, T. (2013). Exploring the impact of multivariate GARCH innovations on hypothesis testing for cointegrating vectors. Communications in Statistics - Simulation and Computation 42: 1785-1800.

担当科目

  • 国際金融論及びその他関連科目

 

メールアドレス:tkurita@fukuoka-u

 

研究者情報

個人ホームページ

▲ページトップ

近郷 匠准教授博士(経済学,早稲田大学)

研究テーマ

協力ゲーム理論,マッチング理論

最近の主な研究業績

  • Properties based on relative contributions for cooperative games with transferable utilities (with Yoshio Kamijo), Theory and Decision 2015, Vol.78, pp.77-87
  • An alternative axiomatization of the Hirsch index, Journal of Informetrics 2014, Vol.8, pp.252-258
  • On non-bossy matching rules in two-sided matching problems, International Journal of Economic Theory 2013, Vol.9, pp.303-311

担当科目

  • ミクロ経済学

 

研究者情報

個人ホームページ

▲ページトップ

貞国 孝昭准教授

研究テーマ

経済計画論 オープン・マクロ経済学、フランス経済

 

研究者情報

▲ページトップ

佐藤 伸准教授博士(慶應義塾大学)

研究テーマ

ミクロ経済学,社会的選択理論,メカニズムデザイン

最近の主な研究業績

  • "Bounded response and the equivalence of nonmanipulability and independence of irrelevant alternatives" forthcoming in Social Choice and Welfare.
  • "A fundamental structure of strategy-proof social choice correspondences with restricted preferences over alternatives" Social Choice and Welfare, 42 (2014): 831-851.
  • "A sufficient condition for the equivalence of strategy-proofness and nonmanipulability by preferences adjacent to the sincere one" Journal of Economic Theory, 148 (2013): 259-278.

担当科目

  • ミクロ経済学
  • ミクロ経済分析

 

メールアドレス:shinsato@adm.fukuoka-u

 

研究者情報

個人ホームページ

▲ページトップ

芹澤 数雄教授

研究テーマ

金融論(金融政策の有効性、 不確実性下の銀行行動)

 

研究者情報

▲ページトップ

瀬戸林 政孝准教授博士(経済学 慶應義塾大学)、修士(経済学 慶應義塾大学)

研究テーマ

近代アジアの工業化と市場

棉花市場の変動と中国綿業

最近の主な研究業績

  • 「20世紀初頭華北産棉地帯の再形成」『社会経済史学』社会経済史学会、第74巻第3号、23-44頁、2008年9月。
  • ‘The Cotton Improvement Project prior to 1920 in China’, in, A.J.H.Latham and Heita Kawakatsu eds, Intra-Asian Trade and Industrialization, Abingdon, Oxon, Routledge, pp. 131-150, 2009.

担当科目

  • 東洋経済史
  • 経済学入門
  • 英書講読
  • 外書講読

メールアドレス:mseto@econ.fukuoka-u

▲ページトップ

高瀬 光夫教授Ph.D. (ニューヨーク州立大学バッファロー校)

研究テーマ

マクロ経済モデルの国際比較

最近の主な研究業績

  • “Effect of Total Factor Productivity on Japanese Saving Rate in an Economic Growth Model,” mimeo, March 2009.
  • 「総需要・総供給分析」、時政昴、三輪俊和、高瀬光夫共編『マクロ経済学』勁草書房、pp.259-284、2003年.
  • “An Empirical Inquiry of Economists’ Consensus or Dissension: The Case of Seven Pacific-Rim Nations”, Seoul Journal of Economics, 11(1), pp.1-14, 1998,
  • “Architectural Regulation on the Maximum Height of Buildings and Urban Economic Model”, Mathematics and Computers in Simulation, 43, pp.511-517, 1997.
  • “Capital-land Ratio Restriction and a System of Cities: A Case of Two Cities”, in M. Hosoe and E. Rssmussen (eds.), Public Policy and Economic Analysis, Kyushu University Press, 1997.
  • “Econometric Estimation for a Model with Dynamic Housing Tenure Choice”, Mathemtaics and Computers in Simulation, 39, pp359-365, 1995.
  • “Housing Purchase and Saving Behavior Under Unanticipated Inflation”, Mathematics and Computers in Simulation, 33, pp.551-556, 1992.

担当科目

  • マクロ経済学
  • マクロ経済分析A・B

ひとこと

趣味は、読書とインターネット・サーフィンで、好きな言葉は、Open-mindednessです。

 

メールアドレス:mtakase@fukuoka-u

 

研究者情報

▲ページトップ

辰己 佳寿子教授

研究テーマ

社会・文化的な行動規範の可視化
アジアの多面的発展形態の具現化

最近の主な研究業績

  • 『国境をこえた地域づくり−グローカルな絆が生まれた瞬間』(共編)、新評論、2012年。

担当科目

  • 社会経済学
  • 経済人類学

ひとこと

常に自分のアンテナを研ぎ澄ませておきたいと思っています。

 

▲ページトップ

玉田 桂子教授博士(国際公共政策,大阪大学)

担当科目

  • 公共経済学

 

メールアドレス:ktamada@econ.fukuoka-u

 

研究者情報

個人ホームページ

▲ページトップ

永江 眞夫教授経済学修士(早稲田大学)

研究テーマ

日本経済史

最近の主な研究業績

  • 日清戦後期から第一次世界大戦期における地主資産家の所得構造(『福岡大学経済学論叢』第53巻 第1・2号)

担当科目

  • 日本経済史
  • 日本経済論A・B
  • 外書購読II(英)

 

メールアドレス:nagae@fukuoka-u

 

研究者情報

▲ページトップ

中島 章子教授博士(経済,京都大学)、 修士(University of Sussex,神戸大学)、学士(京都大学)

研究テーマ

産業連関論、開発経済学

最近の主な研究業績

  • “Total Labour requirements and Value Added Productivity of Labour in the Process of Economic Development” in Economic Systems Research, Vol. 20, No. 3, Sept 2008.
  • Does Market prices converge towards Natural prices?
  • What we know about Market prices and Value relative prices.

担当科目

  • 開発経済学
  • 経済発展の産業連関分析

 

研究者情報

個人ホームページ

▲ページトップ

中村 由依准教授博士(経済学,京都大学)

研究テーマ

開発経済学・公共経済学

担当科目

  • 社会保障論
  • 経済学入門

 

メールアドレス:nakamuray@fukuoka-u

 

研究者情報

▲ページトップ

中村 亮介講師博士(経済学)

研究テーマ

労働経済学、教育の経済学

最近の主な研究業績

  • Akabayashi, Hideo and Ryosuke Nakamura, “Can Small Class Policy Close the Gap? An Empirical Analysis of Class Size Effects in Japan”, The Japanese Economic Review, Vol. 65, No. 3, pp.253-pp.281, Sep. 2014.

担当科目

  • 労働経済学
  • マクロ経済学
  • 経済学入門

▲ページトップ

西田 圭吾講師

研究テーマ

経済成長理論、開発経済学

最近の主な研究業績

  • “Agricultural Productivity Differences and Credit Market Imperfections,” Journal of International Trade and Economic Development, Vol. 23, No. 8 (2014), pp. 1262-1276.
  • “Credit Constraints and the Process of Development,” Economics Letters, Vol. 116, No. 3 (September 2012), pp. 281-283.

担当科目

  • マクロ経済学
  • 国際マクロ経済学

 

メールアドレス:knishida@fukuoka-u

 

研究者情報

▲ページトップ

西村 道也講師

研究テーマ

西洋経済史、ビザンツ帝国史

最近の主な研究業績

  • Michiya Nishimura, “Use of Money in the Byzantine Empire: Some Examples of Transactions”, Mediterranean World 21, (March, 2012), pp.21-32.
  • Hiroshi Kato and Michiya Nishimura , “The Monetary History of the East Mediterranean in the Middle Ages as Judged from Imitated Coins”, Mediterranean World, 21, (March, 2012), pp.3-20.
  • 西村道也「ビザンツ帝国における土地税徴収と金貨(8 世紀中葉〜12 世紀初頭)―『旧税計算法』を中心に―」『一橋大学社会科学古典資料センター年報』29(2009年3月)、75〜88頁

担当科目

  • 西洋経済史
  • 外書講読I
  • 英書講読IA、英書講読IB
  • 経済学A、経済学B

 

メールアドレス:mnish@fukuoka-u

 

▲ページトップ

藤本 浩明教授

研究テーマ

動学ゲーム理論の研究:微分ゲーム

ラプラス的ベイジアンの研究:個人の確率形成過程について

 

研究者情報

▲ページトップ

万 軍民教授博士(経済学、大阪大学)、修士(経済学、大阪大学)、学士(経済学、大阪大学)

研究テーマ

マクロ経済学、公共経済学、金融、行動経済学、途上国経済学、米中日経済(理論と実証的アプローチ)

最近の主な研究業績

  • The Incentive to Declare Taxes and Tax Revenue: The Lottery Receipt Experiment in China、forthcoming in Review of Development Economics、単著、査読付。
  • Why Does China Save So Much? The final chapter (pp.371-391) of `China, Asia, and the New World Economy,' Oxford University Press, edited by B. Eichengreen, Y. C. Park, and C. Wyplosz、 2008、C. Y. Horiokaと共著、査読付。
  • The Determinants of Household Saving in China: A Dynamic Panel Analysis of Provincial Data、Journal of Money, Credit and Banking, vol.39、pp.2077-2096、2007、C. Y. Horiokaと共著、査読付。
  • Experiments on Risk Attitute and Comparative Analysis (in Chinese, with English summary), Journal of Financial Research (Journal of China Financial Association, supervised by People' Bank of China (central bank)), General No.329, No.11, pp.57-66, November 2007, with Shiyu Xie, Bibo Sun, Hongxin Zhu, Yoshiro Tsutsuyi, Jie Qin. 査読付。
  • Household Debt and Consumption: A Quantitative Analysis Based on Household Micro Data for Japan、Journal of Housing Economics, vol.16(2), pp.127-142, June, 2007, Kazuo Ogawaと共著、査読付。
  • 過剰債務と家計消費−ミクロデータに基づく実証分析−、林文夫教授編『制度の実証分析と設計』第2巻『金融の機能不全』第6章、pp.151-186、2007年、勁草書房、小川一夫と共著、査読付。
  • Why Does China Achieve World's Highest Household Savings Rate? Outlook Weekly (Xinhua News Agency, in Chinese), pp.49-49, Vol.32, 2006, 単著。
  • Cigarette Tax Revenues and Tobacco Control in Japan、Applied Economics, vol.38, no.14, pp.1663-1675, 2006、単著、査読付。

担当科目

  • ストックの経済学
  • マクロ経済学
  • 経済発展論
  • 地域研究(中国経済論)
  • 経済学A・B
  • 外書講読A・B

ひとこと

私の将来の夢は、人々が持つ潜在的なタレントを発揮でき、かつ結果的に幸せと感じることができる社会システムがどのようなものなのか、そしてどのようにしてそれが実現可能なのか、ということを提示することです。人々が各自の潜在性を発揮できるように自発的に努力していくためには、どのような市場、どのようなインセンティブ・デザインが必要なのか、そして政府はどのような役割(例:詐欺の防止、機会の平等、成果の保護と再分配など)を担うのか、などについて研究していきたいと思います。実証的かつ理論的なアプローチを取り、多くの研究論文と教科書および研究書を執筆していきたいと思います。また、日本・中国・諸外国で多くの学生を教えたいと思います。(大阪大学にて、2004年)

 

メールアドレス:wan@econ.fukuoka-u

 

研究者情報

個人ホームページ

▲ページトップ

水島 茂樹教授

研究テーマ

産業社会論、社会思想史、政治哲

 

研究者情報

▲ページトップ

宮本 昌典准教授

研究テーマ

財政学(公共部門の経済分析、租税の経済分析、わが国の財政制度、社会保障と財政)

 

研究者情報

▲ページトップ

山崎 好裕教授博士(経済学,東京大学)

研究テーマ

理論経済学、計量経済学

最近の主な研究業績

  • ‘An Interpretation of the New Keynesian Macroeconomics for Japanese Economy in the Recent Economic Condition’『福岡大学経済学論叢』第53巻第3・4号、139‐148頁、3月。
  • ‘Overshooting of Exchange Rate and New Open Economy Macroeconomics: Some Implications for Japanese Yen and Korean Won’『福岡大学経済学論叢』第54巻第1・2号、111‐121頁、9月。

担当科目

  • 経済学
  • 経済思想史
  • 経済学史
  • 経済理論各論
  • 現代を生きる:キャリア・プランニング
  • 文化と教育:文化事業と芸術振興
  • 国際化と日本:企業犯罪と経済倫理

ひとこと

経済学はとても興味深く役に立つ学問分野です。私のところで勉強しませんか?私の学部の卒業生は各業界、各分野で大いに活躍してくれています。また、私の下で大学院を修了した教え子たちも、ビジネス界で活躍することはもちろん、アジア各国の大学で教壇に立っています。

 

メールアドレス:yamazaki@fukuoka-u

 

研究者情報

個人ホームページ

▲ページトップ

山下 耕治准教授博士(経済学:横浜市立大学)

研究テーマ

国と地方の財政問題

最近の主な研究業績

  • 『地方交付税の経済学−理論・実証に基づく改革−』有斐閣.(共著、2003)

担当科目

  • 財政学
  • 外書講読
  • 経済学
  • 英書講読

 

メールアドレス:kojiyama@fukuoka-u

 

▲ページトップ

Copyright (C) Fukuoka University. All Rights Reserved.